翻訳の経験を積むにはどうしたらよいか

翻訳の経験ゼロの状態から脱するには

翻訳学校や通信教育で学んで、あるいは独学で学習して翻訳会社のトライアルを受けようとすると、ほとんどの場合、経験者に限るという文字が目に飛び込んできます。

翻訳者を志望する人にとってこれは非常に高いハードルです。

どのようにすれば翻訳者になれるか、いくつかの方法を検討してみましょう。

翻訳会社と連携している翻訳学校を選ぶ

これから翻訳学校で学習しようと思っている方は、翻訳会社と連携している(翻訳会社が設立した)翻訳学校を選ぶと、このハードルが少し低くなるかもしれません。

けれどもこうした翻訳学校の卒業生でも、翻訳会社に翻訳者として登録してもらえる人はごく少ないと言われています。

翻訳学校を卒業しても、経験として扱われることはありません。

費用が高い翻訳学校を卒業したもののなかなか翻訳者になれないのは非常にもったいないことだと思います。

未経験者も可という翻訳会社を探す

未経験者でも可という翻訳会社は少数ですが存在するので、そのような会社のトライアルを受けるのが、翻訳者になる一つのルートです。

トライアルを受けるために翻訳会社を探すには、例えば、翻訳者ディレクトリの翻訳求人情報日本翻訳連盟の翻訳求人情報

というサイトがあります。

これらのサイトの翻訳求人情報にアクセスすると細かな求人情報が得られますので、未経験者可の会社を探しましょう。

一つの例ですが、試しに検索してみたら、「MemsourceやTradosなどのCATツールが使える方、または未経験でも挑戦できる方」といった募集要件の会社がありました。

また、アメリア(翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービの翻訳者ネットワーク)のサイトがあります。

私も一時入会していましたが、ここでは応募(有料)すれば定期的にトライアルが受けられて、成績がよければ実際の仕事に通用するレベルの会員として登録することができ、未経験者でもアメリアに登録している翻訳会社に応募でき、採用される可能性が非常に高くなります。

アメリアは会員制で有料ですので、費用がかかりますが、翻訳の未経験者でも翻訳会社に採用される可能性は高いと言えます。

登録しやすいクラウドソーシングで経験を積む

最近はクラウドソーシングが普及してきて、ランサーズなど翻訳を扱っている会社がいくつか見当たります。

報酬を見るとかなり低い額に設定されていて、収入としてはほとんど期待はできませんが、経験を積むことを目的として応募してみても良いかと思われます。

翻訳の仕事の内容がわかり、仕事のペース配分、納期を守る、などという経験が積めるからです。

クラウドソーシングは、登録も比較的簡単で多数の案件の依頼があるようなので、気軽に応募して働くことができ、翻訳の経験を得るには良い方法であると思います。

すぐには独立しないで翻訳会社や一般企業に就職する

チェッカー

トライアルを受けて翻訳会社に登録するという一般的なルート以外に、翻訳の学習ができて、実際の経験も得られる方法があります。

それは、翻訳会社のチェッカーになることです。

翻訳会社に登録してからこの職種を知ったのですが、訳文を翻訳会社に提出すると翻訳会社のチェッカーが訳抜けや誤字脱字、誤訳をチェックします。

チェッカーになれは、実際に仕事をしている翻訳者の訳文を目にすることができるので、非常に良い経験になると思います。

翻訳に自信がなくても英語が堪能であれば、このチェッカーになれます。

そこでの経験を履歴書に書けば翻訳会社への就職やフリーランスとしての登録の際に有利に働くと思われます。

翻訳学校や通信教育の費用がいらず、収入も得られるので経済的にも余裕がでてくるでしょう。

工業や医薬関連の一般企業の特許関連部署、社内文書などの翻訳を扱う部署に就職する

また工業や医薬関連の一般企業に就職して、メールや社内文書、広報文書の翻訳に関連した部署、さらには特許などに関連した部署で働くことができれば、翻訳者としての経験を基に独立して翻訳者になることができます。

特に工業分野の会社、特許を扱う部署に就職すれば、定年後でも、翻訳者として自分が勤めていた会社から直接、あるいは翻訳会社のトライアルを受けて仕事を獲得できる可能性が高いです。

翻訳ボランティアは翻訳の経験に役立つのか

翻訳ボランティアをして、翻訳文がWebサイトや新聞、冊子などに掲載されると、それを履歴書と一緒に提出することによって、トライアルを有利に進めることができる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA