翻訳の仕事に翻訳支援ツールや機械翻訳ソフトは必要なのか

翻訳支援ツール(コンピュータ支援翻訳(CAT)ツール)

翻訳の仕事に、翻訳支援ツールを買う必要があるのか悩んでいる方もおられることでしょう。

IT分野のローカライゼーションや、技術翻訳などの分野では、すでにほとんどの翻訳者がCATツールを使っていると思われます。

実際、翻訳者ディレクトリやJTFなどの求人サイトを見ると、CATツール(トラドス、Memsource等)を使用できる方を優先的に採用、CATツール(memoQ)を使用して翻訳ができる方(IT業界)などといった求人が目立ちます。

翻訳支援ツールには、Trados、memoQなどさまざまなものがあり、クラウド型翻訳支援ツールのmemsource(企業用エディションを翻訳会社が導入すれば登録翻訳者は無料で使用できる)などもあります。

Tradosが支援ツールとして初めて発売された時は話題になり、同業者たちとその可能性を話していましたが、その時はまだその有用性がわからず、ほとんど導入する人はいませんでした。

その後数年たって翻訳会社から指定のCATツールを無料で提供されて使うようになり、次第にツールを使う案件が増えていき、気が付けばかなりの割合で翻訳支援ツールを使って翻訳していました。

翻訳支援ツールは、翻訳メモリ、用語集ツール、翻訳エディターで構成されています。

翻訳メモリとは、原文と訳文がペアで登録されているデータベースで、翻訳作業をすると対訳のデータが自動で登録され蓄積されていきます。

用語集ツールとは、原語と訳語を自分で登録できるデータベースです。

これらのデータベースを基に、翻訳エディターで翻訳作業を行うことができます。

案件毎にメモリを設定でき、自分用のメモリも設定できます。

翻訳メモリに類似対訳(マッチ)がある場合には、原文(一文)と原文に類似する文の訳の候補が並んで表示されます。

例えば80%マッチという表示がでてきた場合、原文の約80%が翻訳メモリにあるデータと一致していて、訳文に反映できる仕組みです。

変更や追加、削除などの修正を加えて訳文を作って確定を押しますと、この文の翻訳が終わります。

翻訳料はマッチ率に応じて支払われていました。

例えば0%マッチの場合は翻訳レートの全額(100%)、100%マッチの場合は翻訳料は0円となります。

筆者の場合CATツールを翻訳会社から無料で提供されていたので、これは当然のことと言えます。

翻訳ツールを自分で購入して自分で管理すれば、翻訳メモリ―が蓄積され、過去の翻訳を資産として残すことができ、作業効率が大幅に向上して収入の増加が見込めることは確実です。

翻訳者にとって翻訳支援ツールを使用することによって作業スピードが向上するというメリットは計り知れません。

一方翻訳会社にも翻訳支援ツールを使うメリットがあります。1つは上記のように翻訳料の削減、2つ目は成果物の品質向上です。

翻訳会社が翻訳メモリを管理していれば大量のデータが蓄積されていくので、マッチ率が高い案件では新人が翻訳してもベテランと変わらない訳文を作ることが可能です。

また大量の情報を短時間で翻訳するとなると、複数の翻訳者が作業に関わるので、用語の整合性が必要ですが翻訳支援ツールがあれば確保できます。

このようなことを考えると、翻訳支援ツールがさらに普及していくことは確実です。

最近はYouTubeなどでTradosやMemsourceの使い方を指導している動画もありますので、翻訳会社がいつツールを使用する案件を依頼してきてもいいように準備しておくのが賢明だと思います。

登録している翻訳会社がどのようなCATツールを使っているか調べておくとよいでしょう。

機械翻訳(MT)ソフト

一方、機械翻訳(MT)ソフトは、機械が翻訳するソフトで、Google翻訳やエキサイト翻訳が代表的なものです。

現状ではMTソフトの完成度は低いので、翻訳者がMTソフトを使うことはありません。

機械が出した訳文はそのままでは使えないので、ポストエディットして納品できるようにするのがポストエディターの仕事です。

修正と言っても実際の作業は自分で翻訳するのと同じなのですが、最初から最後まで翻訳をすることはないので、人気度はいまいちのようです。

またポストエディットのレートは翻訳のレートよりも低い傾向にあります。

しかし将来的にはAIの進歩により機械翻訳が向上する可能性があり、AIの精度が向上すれば機械翻訳の仕事も増えて、ポストエディターという職業は伸びていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA