ヤードポンド法表記の長さ、重さ、温度を簡単にメートル法に変換する方法

ヤードポンド法表記

海外の文書では、時々長さや重さがヤードポンド法で書かれている場合があります。

ヤードポンド法とは、アメリカ合衆国を中心に使用されている単位系で、長さはヤード、フィート、インチ、質量はポンド、オンス、温度は華氏温度を基本単位とする計量法です。

和訳をする場合には、メートル法に換算した値を併記する必要があります。

いちいち計算するのは、とてもめんどうですよね。

ここでは、Google検索で簡単に換算値を得られる方法をご紹介します。

長さ

ヤードポンド法では、長さの単位ヤード、フィート、インチの関係は次のようになっています。
[ ]内は、単位記号を示しています。

1ヤード (yard) [yd] = 3フィート (feet) [ft][´: プライム] = 36インチ (inch) [in.][″:ダブルプライム]

一番簡単にこれらをメートル法に変換するには

Googleの検索ダイアログボックスに、例えば  「5フィート3インチ センチ」 と入力して検索するとすぐに計算結果が出てきます。

 

ちなみに フィートの単位記号の[´: プライム]は、「だっしゅ」と入力してスペースキーを押しながら探していくと見つけられます。

インチの単位記号の[″:ダブルプライム]は、「挿入」タグを押して「記号と特殊文字」ダイアログボックスを開いて探すと見つけられます。

また、1フィートは、英語では one foot ですが、日本語では 1フィートとなります。
0.3 feet  [0.3ft  0.3´]   0.3フィート
1 foot     [1ft     1´]      1フィート
2 feet   [2ft     2´]      2フィート

インチ (inch) の複数形は、inchesです。
0.5 inches [0.5in.   0.5″] 1 inch  [1in.       1″] 3 inches   [3in.       3″]

重さ

ヤードポンド法では、重さの単位ポンド、オンスの関係は次のようになっています。
[ ]内は、単位記号を示しています。

1 ポンド(pound)[lb] = 16 オンス (ounce) [oz]

poundの複数形は pounds [lbs]、ounceの複数形は ounces [ozs]です。

この場合も、メートル法に変換するには

Googleの検索ダイアログボックスに、例えば 「5ポンド3オンス グラム」 と入力して検索するとすぐに計算結果が出てきます。

 

温度

海外の文書では、温度を華氏で表している場合があります。

摂氏は日本を含む多くの国々で使われている温度単位で、標準気圧での水の氷点を0度、水の沸点を100度としています。

華氏は、アメリカなどの国々で使われている温度単位で、最も低い室外の温度を0度、提唱者のファーレンハイトの体温を100度として計算して、水の氷点を32度、沸点を212度と定めたものです。

翻訳の原文中の温度が華氏で表記されている場合、摂氏に換算して値を併記する必要があります。

華氏温度と摂氏温度を換算する計算式がありますが、いちいち計算するのはとても面倒です。

Googleの検索ダイアログボックスに、たとえば「300度華氏 摂氏」 と入力して検索すると簡単に換算値が求められます。

重さ、長さのほかに、面積、体積、速度も、同様に簡単に換算できます。

参考

この一冊でグーグルの裏ワザ・基本ワザが全部わかる! オンサイト編 青春出版社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA